妖怪に遭ったらビビっていると感ずかれたらいけない

なんだかは分からないがイライラと入れる太く長い棒みたいなのが現れたそうだじいさんはそのように圧倒され声もなくそいつを凝視し続けた。
そいつはしばらく目の前でイライラ入れていたと思うと唐突に口を聞いたスーリヤぬしん負け一瞬何を言われたのかわからなかったそうだ。
ひどい訛りと発音のおかげでかろうじて語尾から疑問形だと知れた程度だったというじいさんが何も答えないでいるとそいつは長い体をずっと曲げて頭と思われる部分おじいさんのバイクに近づけると再び訪ねてきたクリエあのシーン負けそこでようやくじいさんはこれはお前の馬かと聞かれているのだと理解できた。
黙っていると何をされるかそう思ったじいさんは勇気を出してソーダと怯えを押し殺して答えたそうだ。
そいつはしばらくバイクを眺めていたがしばらくするとまた口を開いた。